青汁にはいろいろな成分があるよね。

ひとえに青汁といっても様々な成分が配合されている。
青汁の代表成分は、「大麦若葉」「ケール」「明日葉」ですね。では、どんな違いがあるのでしょうか?
「大麦若葉」は、食物繊維が豊富に含まれているから便秘解消に期待がありますね。

あと、大麦若葉は、それそのものにクセがなくて飲みやすくなっているので、「青汁のあの青臭さがちょっと・・・」と苦手な人でも飲める青汁かもしれませんね。
「ケール」は、もともと青汁の代表の成分だったのですが、味にクセがあって飲めない人が多かったでしょう。しかし、ケールにはとてもたくさんの栄養素が含まれていて、各種ビタミンが含まれているので美肌に期待が持てます。最近では、味も飲みやすくなっていて、今まで飲めなかった人でも飲めるケールの青汁があるでしょう。
この青汁はケールが入っているけど、飲みやすいと好評のようですね。

「明日葉」も、体に良い栄養素を含んでいる。中でもカリウムと食物繊維ですね。
カリウムは、老廃物を体外に排出してくれる働きがあるので、むくみに期待できますね。
青汁といっても、含まれる成分によって期待される効果が違ってくるのでよ~く見て購入しなくちゃね。